いまさら聞けない経済

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墓地の種類

お墓を建てる時にまず必要になるのが
お墓を建てる場所ですよね

お墓はどこにでも作って良い物ではありません。
法律によって定められた場所意外は遺骨等を埋葬する事を禁じられています。

そこで必要になるのが墓地となるのですが
大きく分けて3種類の墓地があります。


まず一つ目がごらん頂いているお住まいの地方自治体が運営している
公営墓地
公営墓地の特徴はこちらをご覧ください。

2つ目にお寺が運営している
寺墓地

3つ目に民間企業が運営している
 民間墓地

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

民営墓地

民営墓地について

民営墓地とはいわゆる一般の企業が運営している墓地
○○霊園などの名前がありますが、公営墓地でも大きな所は霊園として
運営しているので名前だけでは判断ができません。

しかし、本来墓地と言うものは宗教法人か地方自治体しか運営する事ができません
なのでここで企業は宗教法人のお寺を囲い込みます。(ようはお金を渡します。)

墓地を作るために山などを削り造成等を行わないとあかんよね
だから、企業が造成費用などを宗教法人へ出資し、霊園としての運営を行う事で
一般の企業が、墓地等を販売する事が出来ているわけです。

民間の墓地・霊園の特徴は 金額が高い(墓地・墓石ともに)
それは上記に書いたとおり 造成(区画分け)費用などがはいっており、
企業としては利益も上げないといけないので、比較的金額が高くなります。

この金額の比較の時は同じ大きさ・同じ敷地で比較してくださいね
だいたい公営の墓地の3倍以上の値段がするのが一般的です。

メリットとしては、募集という概念がなく、望めばすぐに購入出来る
企業だけあって管理が行き届いている、送迎のバスがある等

また、小さな敷地で購入が可能、どこに住んでいようと購入出来る等
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
iPhoneアプリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。