いまさら聞けない経済

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石材選び

お墓選びの時に一番最初に迷われるのは
多くの方が石材の種類の前に

国産石材か外国石材かと言う所ですね。
まずはこの国産石材の特徴を簡単に理解しましょう

国産石材とは
文字通り日本で取れた石材です。

日本で採石された石ですので加工も日本での加工が一般的です。
中には海外で加工する場合もあります。

採石量が少ない為 割高になる傾向もありましてや
複雑な加工(蓮華台)では割り増し料金(加工賃)が高くなります。

なので全体的に墓石にすると少し高めの値段設定になってきます。


外国石材

こちらは様々な国で採石されている石で種類はほんと沢山あります。
なかでも中国の物は人件費や採石量などから、比較的安価(国産に比べ)な設定で
複雑な加工も中国の人件費相場などからそれほど金額が変わりません。


どちらが良いか?

石材に良い・悪いというのは個人的考えとしてはありません。
同じ墓石に適応される石材ですので

お墓を建立するのは供養する気持ちですので、
金額が高い=良い

安い石材=悪いではありません。

特に外国産の墓石が100年後に壊れているか?
という所では、おそらく壊れていないでしょう

やはり石材(自然物)という以上は風雨による劣化などは見られるとは思いますが、
どちらを選ばれても、満足いくものが出来るはずです。

この辺でもやはり石材店選びが非常に大切になります。

スポンサーサイト
フリーエリア
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
iPhoneアプリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。